機種比較

シリーズ G Series
グローバル
G Series
グローバル
G Series
グローバル
G Series
グローバル
シリーズ G Series
グローバル
G Series
グローバル
G Series
グローバル
G Series
グローバル
型式 G15AN00G15AT00G15AH00G15AS00
製品番号 854693854694854695854696
仕様
耐食表
材質
本体切替部 ----
本体接液部 A
アルミ合金
ADC12
A
アルミ合金
ADC12
A
アルミ合金
ADC12
A
アルミ合金
ADC12
ダイヤフラム N
ニトリルゴム
NBR
T
フッ素樹脂
PTFE
H
ポリエステル系熱可塑性エラストマー
TPEE
S
ポリオレフィン系熱可塑性エラストマー
TPO
バルブ NBRPTFETPEETPO
バルブシート A5056A5056A5056A5056
バルブ受け ADC12ADC12ADC12ADC12
Oリング NBRPTFENBREPDM
センターディスク A5056A5056A5056A5056
仕様
呼び口径 1/2"(15 mm)1/2"(15 mm)1/2"(15 mm)1/2"(15 mm)
材料接続:吸込口 Rc 1/2Rc 1/2Rc 1/2Rc 1/2
材料接続:吐出口 Rc 1/2Rc 1/2Rc 1/2Rc 1/2
エア接続:供給口 Rc 1/4 (エアバルブ付き)Rc 1/4 (エアバルブ付き)Rc 1/4 (エアバルブ付き)Rc 1/4 (エアバルブ付き)
エア接続:排気口 Rc 3/8 (サイレンサー付き)Rc 3/8 (サイレンサー付き)Rc 3/8 (サイレンサー付き)Rc 3/8 (サイレンサー付き)
使用可能エア圧力 0.2~0.7 MPa0.2~0.7 MPa0.2~0.7 MPa0.2~0.7 MPa
最高吐出圧力 0.7 MPa0.7 MPa0.7 MPa0.7 MPa
吐出量/サイクル 170 mL160 mL160 mL160 mL
最大吐出量 60 L/min58 L/min58 L/min58 L/min
最大エア消費量 520 L/min (ANR)510 L/min (ANR)520 L/min (ANR)520 L/min (ANR)
最大通過粒子径 1 mm以下1 mm以下1 mm以下1 mm以下
粘度限界 0.5 Pa·s以下0.5 Pa·s以下0.5 Pa·s以下0.5 Pa·s以下
使用環境温度範囲:気温 0~70℃0~70℃0~70℃0~70℃
使用環境温度範囲:液温 0~70℃0~100℃0~80℃0~100℃
作動音 77.5 dB80.5 dB77.5 dB77.5 dB
初期自吸揚程 2 m2 m2 m2 m
質量 5.4 kg5.4 kg5.4 kg5.4 kg
ダウンロード
寸法図 G15AN00
G15AT00
G15AH00
G15AS00
性能曲線 G15AN00
G15AT00
G15AH00
G15AS00

G15AN00

  • 吐出量と最大吐出量について:
    吐出量につきましては、あくまで目安となります。移送する液体、配管条件、供給エア圧などにより異なりますので、詳しくは性能曲線をご参照ください。 最大吐出量はポンプの能力を示す数値です。 実際にご使用いただく流量範囲は移送流量を参考にお選びください。ダイアフラムの寿命への影響を考慮し、余裕をもったサイズ選定をおすすめいたします。

G15AT00

  • 吐出量と最大吐出量について:
    吐出量につきましては、あくまで目安となります。移送する液体、配管条件、供給エア圧などにより異なりますので、詳しくは性能曲線をご参照ください。 最大吐出量はポンプの能力を示す数値です。 実際にご使用いただく流量範囲は移送流量を参考にお選びください。ダイアフラムの寿命への影響を考慮し、余裕をもったサイズ選定をおすすめいたします。

G15AH00

  • 吐出量と最大吐出量について:
    吐出量につきましては、あくまで目安となります。移送する液体、配管条件、供給エア圧などにより異なりますので、詳しくは性能曲線をご参照ください。 最大吐出量はポンプの能力を示す数値です。 実際にご使用いただく流量範囲は移送流量を参考にお選びください。ダイアフラムの寿命への影響を考慮し、余裕をもったサイズ選定をおすすめいたします。

G15AS00

  • 吐出量と最大吐出量について:
    吐出量につきましては、あくまで目安となります。移送する液体、配管条件、供給エア圧などにより異なりますので、詳しくは性能曲線をご参照ください。 最大吐出量はポンプの能力を示す数値です。 実際にご使用いただく流量範囲は移送流量を参考にお選びください。ダイアフラムの寿命への影響を考慮し、余裕をもったサイズ選定をおすすめいたします。
会員制サイト ダウンロード
  • 整備要領書
  • パーツリスト(部品分解図)
  • CADデータ