AD-TTシリーズ

F Series専用のPTFE仕様自動脈動減衰器

ダイアフラムポンプにより移送される液剤の脈動を、圧縮エアを利用して減衰する接液部オールフッ素樹脂製のパルセーションダンパー(脈動減衰器)です。
フィルターの保護や、ワンショットスプレー等、脈動の許されないプラントにてご利用ください。

● DP-25Fによる比較
DP-25F単体
dp-25-pulsation

DP-25F+AD-25TT組み込み
dp-25wadtt-pulsation

● 設置図

ad-tt-setting

cation

1. ダンパーはポンプの吐出口から1 m以内に設置してください。配管末端へ設置しても効果はありません。
2. ダンパーのエア供給口手前にもポンプとは別にレギュレータを取り付けて調整すればより高い効果が得られます。
3. ダンパーは脈動状況によりエア消費があります。
4. ポンプと同様にダイアフラムは定期的なPM交換が必要です。
5. 背圧がなければダンパーは機能しません。最低0.1 MPa程度の背圧が必要です。

ad-tt

仕様から選ぶ

653機種のダイアフラムポンプから、口径、材質、切替方式などの仕様を指定し、絞込検索!
検索結果から、4機種まで選び、仕様を比較検討することもできます。