F series
DP-F/Nシリーズ

DP-F/N

F series
DP-F/Nシリーズ

DP-F/N

仕様について
型式 DP-10F/NDP-10F/N-FLDP-20F/NDP-20F/N-FL
材料接続: ネジ材料接続: フランジ材料接続: ネジ材料接続: フランジ
バルブ形状
ボールバルブDP-10F/N (B)853499DP-10F/N (B-FL)853500DP-20F/N (B)853437DP-20F/N (B-FL)853438
フラットバルブ----
( ) : 品番 * : 受注生産品
耐食表
材質
本体切替部ポリプロピレン
ポリプロピレン(PP)
ポリプロピレン
ポリプロピレン(PP)
ポリプロピレン
ポリプロピレン(PP)
ポリプロピレン
ポリプロピレン(PP)
本体接液部 T
フッ素樹脂
PTFE
T
フッ素樹脂
PTFE
T
フッ素樹脂
PTFE
T
フッ素樹脂
PTFE
ダイヤフラムT
フッ素樹脂
PTFE
T
フッ素樹脂
PTFE
T
フッ素樹脂
PTFE
T
フッ素樹脂
PTFE
接液部材質
ボールバルブPTFEPTFEPTFEPTFE
フラットバルブ----
バルブシート PTFEPTFEPTFEPTFE
バルブ受け PTFEPTFEPTFEPTFE
Oリング PTFEPTFEPTFEPTFE
センターディスク ダイアフラムと一体ダイアフラムと一体ダイアフラムと一体ダイアフラムと一体
仕様
呼び口径 3/8"(10 mm)3/8"(10 mm)3/4"(20 mm)3/4"(20 mm)
材料接続:吸込口 Rc 3/8 (F)JISフランジ 10K 10A相当Rc 3/4 (F)JISフランジ 10K 20A相当
材料接続:吐出口 Rc 3/8 (F)JISフランジ 10K 10A相当Rc 3/4 (F)JISフランジ 10K 20A相当
エア接続:供給口 Rc 1/4 x 2 (排気口と共有) ※Rc 1/4 x 2 (排気口と共有) ※Rc 1/4 x 2 (排気口と共有) ※Rc 1/4 x 2 (排気口と共有) ※
エア接続:排気口 供給口と共有 ※供給口と共有 ※供給口と共有 ※供給口と共有 ※
使用可能エア圧力 0.2~0.5 MPa0.2~0.5 MPa0.2~0.5 MPa0.2~0.5 MPa
最高吐出圧力0.5 MPa0.5 MPa0.5 MPa0.5 MPa
吐出量/サイクル 60 mL60 mL180 mL180 mL
最大吐出量 22 L/min22 L/min35 L/min35 L/min
最大エア消費量 350 L/min (ANR) ※1350 L/min (ANR) ※1400 L/min (ANR) ※1400 L/min (ANR) ※1
最大通過粒子径 1 mm以下1 mm以下2 mm以下2 mm以下
粘度限界 1 Pa·s以下1 Pa·s以下2 Pa·s以下2 Pa·s以下
使用環境温度範囲:気温 0~70℃0~70℃0~70℃0~70℃
使用環境温度範囲:液温 0~80℃0~80℃0~80℃0~80℃
作動音 82.0 dB82.0 dB85.0 dB85.0 dB
初期自吸揚程 ----
質量 6.4 kg6.4 kg14.2 kg14.2 kg
切換スピード0.2~0.5 sec./cycle ※20.2~0.5 sec./cycle ※20.5~1.0 sec./cycle ※20.5~1.0 sec./cycle ※2
ダウンロード
寸法図 DP-10F/N
DP-10F/N-FL
DP-20F/N
DP-20F/N-FL
性能曲線 DP-10F/N
DP-10F/N
DP-20F/N
DP-20F/N
  • ※ エア供給弁(電磁弁など)からポンプまでの配管長さは1.5 m以下のこと。エア供給弁の排気ポートから別の場所まで配管する場合は、排気口末端までの配管長さは5 m以下のこと。補助排気口(Rc 3/8)が装備されています。
  • ※ ・エア供給弁(電磁弁など)からポンプまでの配管長さは1.5 m以下のこと。エア供給弁の排気ポートから別の場所まで配管する場合は、排気口末端までの配管長さは5 m以下のこと。   ・補助排気口(Rc 3/8)が装備されています。
  • ※1 切換スピード0.2 sec./cycleの場合。
  • ※2 ストローク限界なき(排気なし)場合は10 sec./cycleまで可能です。
  • • 駆動には、タイマー制御方式のポンプコントローラー(MFC-24)またはP.L.Cと、センターエキゾースト型の3ポジション5ポート電磁弁が別途必要です。 外部タイマー切替の駆動ポンプはダイアフラムにストレスを与えない様、一定ストローク(長)を超えるとエア室側のエア圧力を逃がす構造(P.T.A)になっているため、エアを効率よく使用するには、ポンプのサイズにより調整が必要となります。
  • 最高使用圧力について:
    本体接液部が樹脂タイプ(P/V/D/T)の最高使用圧力は、液温に左右されます。液温-最高使用圧力線図を必ずご確認ください。 液温-最高使用圧力線図
  • 吐出量と最大吐出量について:
    吐出量につきましては、あくまで目安となります。移送する液体、配管条件、供給エア圧などにより異なりますので、詳しくは性能曲線をご参照ください。 最大吐出量はポンプの能力を示す数値です。 実際にご使用いただく流量範囲は移送流量を参考にお選びください。ダイアフラムの寿命への影響を考慮し、余裕をもったサイズ選定をおすすめいたします。
この製品は、外国為替および外国貿易法に定める規制貨物に該当いたしますので、輸出する場合は外為法の定めるところに従い輸出許可手続きをお取りください。また、この製品を第三国等に再輸出する場合は、当該国の輸出規制に従い輸出許可をお取り下さい。
ダウンロード
  • 取扱説明書

会員制サイト ダウンロード
  • 整備要領書
  • パーツリスト(部品分解図)
  • CADデータ

仕様から選ぶ

653機種のダイアフラムポンプから、口径、材質、切替方式などの仕様を指定し、絞込検索!
検索結果から、4機種まで選び、仕様を比較検討することもできます。